NEWS

2021.11.02

日本甲状腺超音波医学会学術集会における「AI vs 人」の症例検討について

株式会社Smart Opinion(本社:東京都品川区、代表取締役社長:山並 憲司)が薬機法承認を目指して開発している乳房超音波AI診断支援システムについて、10月10日に開催された一般社団法人 日本乳腺甲状腺超音波医学会学術総会において、10症例について、聴衆180名のオンライン投票、エキスパートの意見と、本AI技術の結果を比較した症例検討が行われました。人間でも判断に迷う難しい症例に対して本AI技術の有用性を示す結果となり、参加された医師からも賛辞の声がありました。


今後も、開発中の乳房超音波AI診断支援システムが検診の場でより有用な診断支援が行えるように、臨床の最前線と連携しながら、研究及び開発を進めていく予定です。


Smart Opinionについて
株式会社フィックスターズ(東証1部:3687)とプロディジーメディカル株式会社との合弁会社として、2019年10月に設立された株式会社Smart Opinionは、AIによる乳がん等解析をはじめ、遠隔診療の時代に対応した次世代オンライン診療プラットフォームの事業化を目指しています。IT・AIの力で、乳がんの早期発見の向上に貢献し、女性の健康増進を応援しております。

 

本件に関するお問い合わせ
Email: contact@smartopi.com

PDF版